Exchange Server 2013はTCPコネクションを沢山使います。

Exchange Server 2013になり、TCPコネクション数をOutlookがより沢山使うようになっています。 これはOutlookプロファイル上でサーバー名部分がユーザーメールボックスのGUIDとなり、特定サーバーを指すものではなくなったため、同一サーバー上であっても過去バージョンにおける別サーバーであるかのようにTCPセッションを使うようになったからだそうです。Outlook Anyw...
2件のコメント

Exchange Server 2013のECPの操作中にすぐにIEがクラッシュする

最近は知識はあっても実際に自分で手を動かすことはめっきり少なくなってしまったのですが、やっとExchange Server 2013の環境を構築してみました。特につまるところもなく構成出来たのですが、ECPで操作をしているとすぐにIEがクラッシュしてしまうという現象に見まわれました。環境は以下のとおりです。 Windows Server 2013 Exchange Server 2013 CU2 ...

Exchange Server 2013用のリバースプロキシとしてのIIS(IIS ARR)

TMGが新規に購入できなくなり、マイクロソフトソリューションで固めていた顧客が今後のリバースプロキシに何を使うべきなのか迷っている現状がありますが、どうやらMS的にはIISを一つの選択肢に持ってくるようです。 Part 1: Reverse Proxy for Exchange Server 2013 using IIS ARR – Exchange Team Blog –...

サイジングの友。Exchange 2013 Server Role Requirements Calculatorが公開されています。

以前からExchange guysの間では使うのが常識になっているExchangeのサイジングツールですが、そのExchange Server 2013版が出ています。しかもメールボックスサーバーに限定されていない、全ロール向けのものになっています。助かりますね。 Released: Exchange 2013 Server Role Requirements Calculator –...

Exchange Server 2013のマルチテナント構成について

Exchange Server 2013のマルチテナント構成についての情報が以下で公開されています。   Exchange Server 2013 hosting solutions and guidance マルチテナントというのは1つのExchange組織のなかに複数の独立したグループを作成し、それぞれが独立して管理されるようにする方法のことです。テナント1つが1組織。それが複数入っ...